新型コロナワクチン集団接種開始に伴う町長メッセージ

2021年5月21日

 

垂井町長 早野博文でございます。

新型コロナウイルスの感染が急拡大するなか、町民の皆さまにおかれましては、不安な日々をお過ごしのことと存じます。

感染対策の「切り札」とも言えるワクチン接種につきまして、垂井町ではより多くの方に迅速に、ワクチンを無駄にしないように、全力を挙げて取り組んでいます。

優先接種として、5月1日から高齢者施設の入所者への接種を開始し、現段階でおおむね1回目の接種が完了しております。また、5月15、16日の両日には医療現場で働く医療従事者への1回目の接種を完了したところでございます。ワクチンの供給が当初計画より遅れていましたが、ファイザー製ワクチンが5月19日に供給され、一般高齢者の方につきましても接種の準備が整いました。5月22日から博愛会病院、5月25日からは垂井町役場垂井ホールにおいて集団接種を開始することとなりました。年齢の高い方から順に接種の日時、会場の指定通知を郵送いたしております。

引き続き、1日も早くワクチン接種をしていただけるよう、医師会の先生方や、医療機関の皆様と力を合わせ、全力を尽くして参りますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

令和3年5月21日

 

sign.jpg