新型コロナワクチンについてのよくある質問と回答

2021年9月2日

 

新型コロナワクチンの情報について、詳細は下記の外部サイトをご覧ください。

・首相官邸ホームページ「新型コロナワクチンについて」

・厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」

・厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A特設サイト

・厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」

 

 

ここに掲載した内容については、今後変更されることもございます。

下記の項目を選択いただくと、その項目に関する質問と回答の一覧をご覧いただけます。

1 ワクチンについて

2 ワクチン接種対象者について

3 ワクチン接種希望調査について

4 接種券について

5 接種場所について

6 接種時期について

7 接種費用について

8 ワクチンの副反応について

9 その他について

 

 


1 ワクチンについて


Q1-1 ワクチンは受けたい人が受けられるだけの量はありますか?

 国は現在、3種類のワクチンの供給について、契約締結または基本合意に至っています。ファイザー社、アストラゼネカ社、武田/モデルナ社のワクチンで、全国民が2回接種できる量は供給される見通しです。

 

Q1-2 2回接種の間隔を教えて下さい。

 ファイザー社は3週間、アストラゼネカ社と武田/モデルナ社は4週間です。 

 

Q1-3 新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できますか?

 原則として、新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。

 

Q1-4 1回目のワクチン接種から2回目の接種までの間隔は、何日空いてしまうと効果がなくなるのですか?

 ファイザー社製ワクチンの場合、間隔があいてしまった時の効果についてはまだ確かめられていないため、1回目の接種から3週間を超えた場合には、できる限り速やかに2回目の接種を受けてください。

 

Q1-5 接種するワクチンは選べますか?

  垂井町は集団接種で行いますので、その時期に供給されているワクチンを接種していただくことになります。

 厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)ご覧ください。

 


2 ワクチン接種対象者について


Q2-1  基礎疾患とはどういう病気のことを指しているのですか? 

  以下の病気や状態の人で、通院・入院している人を指します。

   1  慢性の呼吸器の病気

   2  慢性の心臓病(高血圧を含む。)

   3  慢性の腎臓病

   4  慢性の肝臓病(肝硬変等)

   5  インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病

   6  血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)

   7  免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)

   8  ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

   9  免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

   10 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)

   11 染色体異常

   12 重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)

   13 睡眠時無呼吸症候群

   14 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療) 「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

 

 上記14の病気で通院入院している人と、以下の基準(BMI30以上)を満たす肥満の人が対象になります。

     BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

     BMI30の目安:身長170cmで体重約87Kg、身長160cmで体重約77Kg。

 

Q2-2 高齢者とは何歳からのことをいうのですか?

  昭和32年4月1日以前に生まれた人(令和3年度中(令和4年3月31日まで)に65歳以上に達する人)です。

 

Q2-3 身内に医療従事者・高齢者がいます。家族も優先的に接種を受けられますか?

  国が示す優先順位に従い接種を行いますので、同居家族であっても優先的に受けられるとは限りません。

 

Q2-4 妊娠中や授乳中の人は、ワクチンを接種することができますか?

 妊娠中、授乳中の人もワクチンを接種することができます。ただし、安全性に関するデータが限られていることから、ワクチンを接種するかお悩みの場合は、主治医とご相談ください。

 詳しくは、厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

 


3 ワクチン接種希望調査について 


Q3-1 希望調査は何のためにしたのですか?

 令和3年4月以前には、垂井町への具体的なワクチンの供給予定はまだ全てが示されておりませんでした。このような状況下で供給量がわかり次第、国が示す接種順位により速やかに対応するため、ワクチン接種の希望者数を調査いたしました。

 なお、希望調査の対象者数は次のとおりです。

  ・高齢者(65歳以上)の人 : 約8,600人

  ・一般(16歳~64歳)の人 : 約15,000人

  ※年齢は令和4年3月末時点。

 

 12~15歳の人については、令和3年8月19日に希望調査ハガキを発送しました。

 

Q3-2 「希望しません」と答えたら接種できないのですか?

 調査時点での接種希望者数を把握するために調査を行いました。ワクチン接種は調査時点での希望の有無に関わらず、接種できますので、安心してください。

 

Q3-3 希望調査の回答を変更する場合はどうするのですか?

 Webまたは電話で変更することができます。

 

 電話で変更する場合は、以下の垂井町コロナワクチン接種コールセンターまでご連絡ください。変更いたします。

 【垂井町新型コロナワクチン接種コールセンター】

  ・電話番号 : 0570-095567

  ・受付時間 : 9時~18時(日・祝日除く)

 

 Webから変更するときは、以下よりお願いいたします。

  ・12~15歳の人→(別ウィンドウで開く)

 

  ・16歳以上の人→(別ウィンドウで開く)

 


4 接種券について


Q4-1 接種券はどのように配布されますか?

 対象となる町民の方に個別に送付いたします。

 

Q4-2 接種券をなくしたのですが、再発行は可能ですか?

 可能です。

 こちらのページをご覧ください。

 

Q4-3 2回接種が必要ということは、接種券は2枚届くのですか?

 1枚の接種券に2回分の接種券がついてます。

 


5 接種場所について


Q5-1 接種会場はどこですか?

 博愛会病院と垂井町役場1階 垂井ホールの2ヶ所で行っています。

 

Q5-2 他市町村で接種を受けることはできますか(住民票のある場所以外での接種)?

 住民票のある市町村での接種が原則となります。なお、次のような時は、お住まいの場所でワクチン接種を受けられる場合があります。

  ▶入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を希望する場合

→ 医療機関や施設でご相談ください。

 

  ▶基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を希望する場合

→ 医療機関でご相談ください。

なお、垂井町でのワクチン接種は集団接種で行いますので、町外の人が垂井町内の医療機関で個別に接種を受けることはできません。

               

  ▶単身赴任・通学・里帰り出産等の特別な事情で実際にお住まいの地域でワクチン接種を希望する場合

→ お住まいの市町村でご相談ください。

なお、「接種券」は原則として住民票所在地にお届けします。ワクチン接種にはこの「接種券」が必要となりますので、届いたら大切に保管してください。

                    

 

 こちらのページもご覧ください。 

 

Q5-3 (町外/町内の)高齢者施設に入所中の場合のワクチン接種はどうなりますか?

 高齢者施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設など)に入所中の人に対しても、原則として住民票所在地に「接種券」をお届けします。「接種券」がお手元に届いたら、施設にお伝えし、ワクチン接種について施設とご相談ください。

 

Q5-4 (町外/町内の)医療機関等に長期入院中の場合のワクチン接種はどうなりますか?

 入院先の医療機関等でワクチン接種を受けられるかどうかは、直接医療機関等にご確認ください。なお、「接種券」は原則として住民票所在地にお届けします。ワクチン接種にはこの「接種券」が必要となりますので、届いたら大切に保管してください。

 

Q5-5 垂井町外に引っ越したのですが、接種場所はどこになりますか?

 転出先の市町村におたずねください。

 

 


6 接種時期について


Q6-1 高齢者の接種優先時期に接種を受けなかった場合、その後は接種できなくなるのですか?

 あくまでも優先接種ですので、優先時期をすぎても接種は可能です。

 

 


7 接種費用について


Q7-1 接種は無料ですか?

 接種にかかる費用は1回目、2回目とも無料です。

 

Q7-2 「お金を払えば先にワクチン接種できる。」と聞きましたが、本当ですか?

 確保できるワクチン量に限りがあるため、国が示す優先順位に応じて、順次接種を進めていく予定であり、「お金を払えば先にワクチンを接種できる」ことはありません。

 ワクチン接種は、予約金・手数料・接種料などすべて無料です。詐欺にご注意ください。

Q7-3 来年も無料で接種できますか?

 今後の展望については明らかになっておりません。

 

 


8 ワクチンの副反応について


Q8-1 接種後、接種会場で副反応が出たときの対応はどうなってますか。

 接種を受けた人が接種後の待機時間(30分程度)中に、副反応の症状を示された場合は、接種会場の医師が第一次的に対応いたします。


Q8-2 高齢なので、副反応が心配です。/持病があるので、ワクチン接種をしてもいいのか心配です。/アレルギーがあるので、ワクチン接種をしてもいいのか心配です。

 かかりつけ医と相談のうえ、接種の判断をしてください。

 現在、何らかの病気にかかって治療(投薬など)を受けている人は、かかりつけ医の承諾がないと接種できません。アレルギーについてもかかりつけ医に相談し、承諾を得てください。

 厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)ご覧ください。

 

Q8-3 副反応が起きた場合の保証はどうなっていますか。

 厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」(別ウインドウで開く)ご覧ください。

 

Q8-4 これまで起きている副反応にはどのようなものがありますか?

 厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)ご覧ください。

 

 


9 その他について


Q9-1 予防接種1回の所要時間はどれくらいですか?

 会場で受け付けてから約1時間程度です。接種後の待機時間を30分程度見込んでおります。

 当日の進み具合により、時間は前後することがあります。

 

Q9-2 ワクチン接種を受けた証明書は出してもらえますか?

 ワクチン接種にあたっては、事前に接種券を配布し、接種当日に持参していただくことになります。 この接種券は接種済証と一体になっており、接種を受けた場合に接種済証にワクチンの種類等を記載したシールを貼り、その場でお渡しすることになります。

 

 海外渡航者向けの新型コロナウイルスワクチン接種証明書については、こちらのページをご覧ください。

 

Q9-3 ワクチン接種後もマスクは必要ですか?

 ワクチン接種後もマスク着用などの基本的な感染防止対策は引き続きお願いします。

 厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)ご覧ください。

 

   


お問い合わせ

健康福祉課

新型コロナウイルスワクチン接種推進チーム

電話:0584-22-1151(内線260) ファクシミリ:0584-22-5180