農作業事故防止の徹底について

2020年11月16日

 9月から11月を「秋の農作業安全確認運動」と位置づけて、事故防止強化を図っております。

 事故発生厳重警戒中にあたっての3つの留意事項に気をつけてください。

 

1 慌てない・無理をしない

 雨などの前に収穫を終わらせない等との思いから、慌てたり、休憩せず無理して長時間作業を続ければ、事故の発生の基になります。

 こまめに休憩しながら、余裕を持った作業計画を立てましょう。

 

2 作業時は周りを確認

 作業従事者の方は、農機のエンジンをかける際や、動かす場合は、必ず周囲に人がいないかを確認しましょう。

 人が機械のそばにいる場合は、事前に声をかける、クラクションを鳴らすなどして注意喚起を行いましょう。

 作業従事者以外の方は、稼働中の農機等に不用意に近づかないようにしましょう。

 

3 運転中も油断しない

 普段から使用している道路でも、見えないところに事故を引き起こす危険がひそんでいます。

 常に「かもしれない」運転を心掛け、移動中や運搬中の事故を防止しましょう。

 

 

 詳細についてはこちら

お問い合わせ

産業課
農林係
電話:0584-22-7514
ファクシミリ:0584-22-5180