子ども見守り隊からの手作りマスクの寄付について

2020年9月29日

 

子ども見守り隊の方々から手作りマスクをいただきました

~各小学校児童から感謝のメッセージが届く~

 

令和2年9月18日に、垂井町役場にて、こども見守り隊の方々へ児童からの感謝状等が手渡されました

各小学校を代表して、垂井町立東小学校の岡田勝彦校長が、こども見守り隊の手作りマスクを受け取り児童たちの感謝のメッセージを手渡しました。

子ども見守り隊女性部の石井公代さんは、「マスクの不足を聞いてすぐ手作りマスクの作り方を調べて作りました。大きな子、小さな子、どんな子使えるよう、色々なサイズで作りました。マスク作成時の工夫について述べられました。岡田校長は、「子どもたちに確かに届けます。」と色とりどりのマスクを笑顔で受け取られていました。

また、教育長は「心温まる手作りマスクのご寄付は子どもたちにたくさんの笑顔を与えてくださいました。今回のご寄付に心から感謝申し上げます。」と感謝の言葉述べました

   

 kodomomimamoritai6.jpg  

  kodomomimamoritai2.jpg

     kodomomimamoritai5.jpg  

こども見守り隊女性部により手作りマスクが作成され4月から継続的に寄付いただいておりました。

その延べ1,900超え、垂井町内小学生に対する新型コロナ感染防止に大きく貢献しました。  

お問い合わせ

学校教育課
電話:0584-22-1153