大型連休に際しての町長メッセージ

2020年4月30日

 

4月16日、全都道府県に緊急事態宣言が発令され、岐阜県は特定警戒都道府県に位置付けられてからおおよそ2週間が経過しました。

この間、私は、不要不急の外出を自粛することと、3つの密(密閉・密集・密接)を徹底的に回避することをお願いしてまいりました。

この緊急事態宣言の下、2次感染の減少や、短期間で感染者を十分に減少させるためには、これまでの取り組みに加え、人と人との接触機会を8割削減する必要があります。

このような中、いよいよゴールデンウイークを迎えます。3月の三連休で感染が拡大したと考えられることを踏まえ、緩みなく、感染拡大防止に努めることが重要です。

そのため、みなさまへ次の取り組みをお願いします。

まず、感染リスクから遠ざかるようにしてください。買い物は最小限の人数で出かけ、屋外であっても、バーベキューなど大勢の人が集まることはやめていただきますようお願いいたします。

次に、垂井町への帰省はお控えください。帰省のための遠距離移動や重症化するリスクの高い高齢者との接触は、自分自身を、また、あなたの大切な人の命を奪う危険性があります。久しぶりの故郷を楽しみにしていらっしゃるみなさま、お子さんやお孫さんのお顔を見るのを楽しみにしていらっしゃるみなさま、このようなお願いをすることは、大変心苦しいところではありますが、今回に限り、垂井町への帰省をお控えいただきますようお願いいたします。

そして、垂井町への観光はお控えください。ゴールデンウイークは、垂井曳山祭りや南宮大社例大祭など、垂井町が1年で一番賑やかで来訪者が多い時季です。

しかし、今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の防止のため、祭りは中止になりました。この難しい判断を下された関係者のみなさまには深く敬意を表するとともに、その判断に応えるためにも、今回に限り、垂井町への来訪をお控えいただきますようお願いいたします。

ゴールデンウイークは、ステイホーム、お家にいてください。そして、セーブライフ、命を守りましょう。

新型コロナウイルス感染症に打ち勝つためには、より一層、みなさまのご理解とご協力が必要です。「オール垂井」でこの難局を乗り越えていきましょう。

 

「伊吹おろしで コロナウイルスを吹っ飛ばせ!」  

 

  令和2年4月30日 

  sign.jpg