緊急事態宣言を受けての町長メッセージ

2020年4月20日

 

  4月16日、国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ、全国的かつ急速なまん延により国民生活及び日本経済に甚大な影響を及ぼす事態が発生したと認められたことから、全都道府県に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令されました。また、岐阜県は特に重点的に感染拡大の防止に向けた取組を進めていく必要があることから、特定警戒都道府県に指定されました。

 未だ町内では感染者の報告がなされていませんが、これ以上の感染拡大を防止するためには、これまで以上に町民の皆さまのご協力が不可欠です。

 すべての日、時間に関わらず、医療機関への通院、食料の買い出し、職場への出勤など、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛してください。

 手洗いや咳エチケットを徹底し、感染リスクが高まる3つの条件(密閉空間・密集場所・密接場面)が揃う場所を徹底的に回避してください。

 イベントやパーティーなどは、密集状態などが発生する恐れがありますので、中止か延期してください。

 休業協力要請の対象となる施設の事業主におかれましては、4月18日から5月6日までの間は、休業や営業時間の短縮にご協力ください。

 この間、新型コロナウイルス感染症のリスクを負いながら最前線で働いておられる医療や介護に従事されている皆さま、町民の日常生活を支えるためスーパーなどで働いている皆さま、本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受ける皆さまを支援するため、町では、引き続き、国や県、関係機関と連携を図りながら、全力で対策に取り組んでまいります。

 今まさに、新型コロナウイルス感染症から、あなた自身や皆さまの大切な人を守るための正念場が訪れています。

 この難局を「オール垂井」で乗り越えていけるよう、より一層のご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

 『伊吹おろしで吹っ飛ばせ!コロナウイルス!』

  

   令和2年4月17日

町長サイン.jpg