非常事態宣言を受けての町長メッセージ

2020年4月10日

 岐阜県では、新型コロナウイルス感染症の感染者が急増しており、新たなクラスターが発生しています。   

 また、感染経路不明の感染者が全体の約2割へと拡大し、県専門家会議でも「県内全域で、待ったなしの危険水域に達している。」と警告していることから、県内に非常事態宣言が発令されました。

 幸い町内では感染者の報告がなされていませんが、これ以上の感染拡大を防止するためには、すべての町民のみなさまのご協力が不可欠です。

 すべての日、時間に関わらず、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛してください。

 感染リスクが高まる3つの条件(密閉空間・密集場所・密接場面)が揃う場所を徹底的に回避してください。

 状況は刻々と変化をしていますが、町では、引き続き、国や県、関係機関と連携を図りながら、町民のみなさまの安全安心のため、全力で対策に取り組んでまいります。

 みなさまには、自分の身を守るため、自分の大切な人を守るため、手洗いや咳エチケットなど出来ることを徹底的に取り組んでください。

 一人一人の責任ある行動が町を、日本を守ることにつながります。

 この難局を「オール垂井」で乗り越えていけるよう、みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

  令和2年4月10日

 

                                        垂井町長  早野 博文