垂井町の空き家対策について

2018年6月12日

 空家等対策の推進に関する特別措置法

 近年、人口減少や少子高齢化の進行、建築物の老朽化、産業構造の変化などに伴い、全国的に空き家が増加しています。
 そのため、適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることから、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、あわせて空家等の活用を促進するため、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が平成26年11月に公布され、平成27年5月に完全施行されました。
 この法律では、空き家の適切な管理が所有者や管理者の責務であること、適切な管理が行われていないために保安上危険・衛生上有害・景観に悪影響を与える空き家として町が認定した場合、町は改善への助言や指導、勧告、命令等、必要な措置を行い、状態の改善に応じない場合は強制代執行を含む対応をとることを認めています。

◇空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報(国土交通省ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000035.html

垂井町空家等対策計画

 垂井町では、行政として空き家の適切な管理を促進するとともに、空き家を地域資源と捉え、地域住民と連携・協力を図りながら有効な利活用を推進するなど、総合的な空き家対策を推進することを目的として、空家等対策の推進に関する特別措置法第6条第1項の規定により、「垂井町空家等対策計画」を策定しました。

垂井町空家等対策計画[PDF:2.3MB]

空き家の所有者や管理者のみなさんへのお願い

 空家等対策の推進に関する特別措置法では、「空家等の所有者又は管理者は、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理に努めるものとする。」と定められています。
 管理が行き届かないまま放置された空き家は、景観や衛生上の問題が発生したり、災害や事故、犯罪を誘発するおそれがあります。空き家の所有者や管理者のみなさんは、空き家の適正な管理に努めてください。
 なお、建築物をお持ちの方や空き家の所有者や管理者を対象としたパンフレットを作成しましたので、ぜひ一度ご覧ください。

垂井町内に建築物をお持ちの方へ(一般住民向け)[PDF:0.4MB]
空き家を所有・管理しているみなさん!~適切な管理は所有者の責務です~(空き家所有者・管理者向け)[PDF:0.4MB]

空き家の相談窓口のご案内

 空き家の所有者などを対象とした、適正管理や活用(売買・賃貸)、解体などの相談に対応できる空き家の相談窓口を岐阜県住宅供給公社が開設しています。相談は無料です。
 

空き家・すまい総合相談室】 ”相談無料”
  開催日時:毎週火曜日・金曜日 (1)13:00~ (2)14:30~

  (電話による事前予約制です。)
  予約受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
  予約電話番号:0584-81-8511
  開 催 場 所:〒503-0807
          大垣市今宿6-52-18 ワークショップ24 6階
          岐阜県住宅供給公社内
  そ  の  他:空き家に関する相談内容をあらかじめ整理してからご相談ください。
  ◇空き家・すまい総合相談室(岐阜県住宅供給公社ホームページ)
  【http://juko.gifu-djr.or.jp/akiya/index.php

 

空き家の利活用

 本町では、地域の活力の維持に向けて、空き家を利活用して、町外からの移住者の受入れを進めています。
(1)垂井町空き家バンク
 全国版空き家バンクを活用した空き家バンクの設置を予定しています。
 ※空き家をリフォームする場合は、次のような支援策がありますのでご活用ください。詳しくは、それぞれのホームページをご覧ください。

 ◇垂井町移住定住促進住宅リフォーム事業補助金(垂井町ホームページ)
 【http://www.town.tarui.lg.jp/docs/2014121600016/
 ◇岐阜県空き家利活用事業費補助金(岐阜県ホームページ)
 【http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/jutaku/sumai/11659/akiyahojyokin.html
 
(2)マイホーム借上げ制度
 一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の制度で、50歳以上の方の自宅を借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証することで、自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができる制度です。詳しくは、次のホームページをご覧ください。
 ◇マイホーム借上げ制度(JTIホームページ)
 【https://www.jt-i.jp/lease/
 
(3)リバースモーゲージ
 高齢者の居住する不動産を担保として生活資金、施設入居資金などを融資する制度の総称で、借入資金は利用者の死亡時に、担保不動産の売却によって返済されることが特徴です。詳しくは、取扱い機関にお尋ねください。

 

お問い合わせ

企画調整課
生活安全係
電話:22-1151(217)
ファクシミリ:22-5180