垂井町庁舎のあり方について

2016年3月22日

 垂井町の本庁舎は、昭和41年の竣工から49年が経過し、その間に度重なる増改築を行ってきました。
 現庁舎は、施設・設備の老朽化が進み、一時的な改修では限界が生じてきております。また、耐震性の不足により、有事の際に防災拠点としての機能が発揮できない状況であります。このような課題に対応するため、これまで庁舎内で議論を重ねてきましたが、今回、庁舎の今後の整備方針を検討すべく、町民の意見や提案を取り入れるため、「垂井町庁舎のあり方検討委員会」を設置し、この課題に取り組んでいきます。

庁舎.JPG

 

新庁舎基本構想を策定
 庁舎のあり方検討委員会の出村委員長から、新庁舎基本構想(案)の答申を受けました。
構想案報告.JPG
 

    垂井町新庁舎基本構想(PDF:3.4MB)

    垂井町新庁舎基本構想【概要版】(PDF:568KB)

 

新庁舎建設シンポジウム
 平成28年1月16日(土)、町文化会館において、パブリック・コメントの一環の事業として、新庁舎建設シンポジウムを開催しました。
20160116sinpojiumu1.JPG 
20160116sinpojiumu3.JPG
20160116sinpojiumu2.JPG
 

    新庁舎建設シンポジウム次第(PDF:58KB)

    新庁舎建設シンポジウム基調講演資料(PDF:3.5MB)

 

新庁舎建設懇談会
 平成27年11月7日(土)、町文化会館で新庁舎建設懇談会を開催しました。
 当日、ご参加いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。
PB070116.JPG
PB070122.JPG 
    新庁舎建設懇談会資料(PDF:1.2MB)

 

新庁舎基本構想策定に係る中間報告書
 庁舎のあり方検討委員会の出村委員長から、中間報告書を受け取りました。
中間報告.JPG
 
    新庁舎基本構想策定に係る中間報告書(PDF:1.9MB)

 

お問い合わせ

総務課
管財係
電話:0584-22-1151(296)
ファクシミリ:0584-22-5180