転入届の特例について

2015年2月26日
転入届の特例について

有効な住民基本台帳カードをお持ちの方及びその方と一緒に異動される同一世帯の方は、紙の転出証明書を使用せず、住民基本台帳カードによる転出・転入の取扱となります。

転出される場合
転出前または転出後14日以内に転出届を出してください。
(郵送でも可。ただし、上記期間内に役場に到着するようにしてください。)
その際に住民基本台帳カードを保有していることをお伝えください。

転入される場合
転入をした日から14日以内に転入届を出してください。(郵送不可)
(転入届は、転出予定日から30日以内、または、新住所地へ転入した日から14日以内のうちの早い日までに届け出をされないと、住民基本台帳カードによる転入届ができなくなることがあります。)
その際に住民基本台帳カードの提示と暗証番号の入力をおねがいします。

住民基本台帳カードをそのまま使い続ける場合は、住民基本台帳カードの継続利用の手続が必要となります。
継続利用を希望する方全員の住民基本台帳カードをお持ちください。
カードの所有者以外の世帯員の方が代理で手続きをするときは、カードの所有者に暗証番号を確認してからお越しください。

お問い合わせ

住民課
戸籍係
電話:0584-22-1151(241,242)
ファクシミリ:0584-22-5180