行財政改革住民ワークショップ 平成17年5月~平成17年7月

2015年2月26日

 垂井町では、行財政改革に町民のみなさんと共に考え取り組んでいくために、住民ワークショップを、5月21日から7月16日までの計7回開催しました。参加者募集には、50人の方からの応募があり、ワークショップでは、日頃感じている行財政改革につながるようなことを出し合い、その中からテーマを絞り、そのテーマに基づいて話し合いがなされました。
 そして、出された提案は取りまとめられ、7月26日に垂井町への提案書、住民へのメッセージとして町長に提出されました。垂井町への提案書は、新しい行財政改革計画にいかし、住民へのメッセージは、町民のみなさんにお知らせしていきます。

 

 

wa-ku.png 
項目 容量(PDF)
垂井町への提案書 86KB
住民へのメッセージ 557KB
用語解説 557KB

 

 
PDFファイルの内容をご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでない場合は、こちらからダウンロードしてください。



 

ワークショップとは
 立場や経験の異なる参加者が何らかの仕事や作業を共に行いつつ、発想を出し合い、意見を交換し、協議を重ねながら意見をまとめる手法であり、その集まりのことです。

ワークショップスケジュール

開催日時(平成17年) 内容 テーマ
5月21日(土) ・ワークショップ(1) 「垂井町の課題と提案」
5月28日(土) ・基調講演
 講師:岐阜経済大学
 鈴木 誠 教授
「行財政改革の意義と住民・コミュニティの役割」
・ワークショップ(2) 「安全・安心のまちづくり」
6月4日(土) ・ワークショップ(3) 「行政・まちづくり」
6月18日(土) ・ワークショップ(4) 「健康・福祉」
6月25日(土) ・ワークショップ(5) 「教育・文化」
7月9日(土) ・ワークショップ(6) 「産業・環境」
7月16日(土) ・フリートーク 提案内容の確認
7月26日(火) ・町長に提案書を提出

お問い合わせ

企画調整課
企画係
電話:0584-22-1151(217)
ファクシミリ:0584-22-5180