所得税と住民税の控除額差額

2015年2月25日

障害者控除(16歳未満扶養親族にも適用)

適用条件

所得税

町県民税

差額

自己又は控除対象配偶者、扶養親族が障害者である場合

270,000

260,000

10,000

特別障害者(身障1・2級、精神1級、療育手帳のA)

400,000

300,000

100,000

扶養親族又は控除対象配偶者が同居特別障害者である場合

750,000

530,000

220,000

寡婦控除

適用条件所得税町県民税差額
死別し、扶養親族等などを有しない人で、合計所得金額が500万円以下

270,000

260,000

10,000

死別又は離婚し、扶養親族等などを有する人。所得制限なし

270,000

260,000

10,000

寡婦の特例→死別又は離婚し、扶養の子を有し、合計所得金額が500万円以下

350,000

300,000

50,000

寡夫控除

適用条件所得税町県民税差額
死別又は離婚し、総所得金額等が38万円以下の生計を一にする子(他の者の配偶者控除、扶養控除とされてない者)を有し、合計所得金額が500万円以下

270,000

260,000

10,000

勤労学生控除

適用条件所得税町県民税差額
自己が勤労学生で、合計所得金額が65万円以下で、給与所得以外の所得が10万円以下

270,000

260,000

10,000

配偶者控除

適用条件所得税町県民税差額
一般配偶者(70歳未満)

380,000

330,000

50,000

老人配偶者(70歳以上)

480,000

380,000

100,000

配偶者特別控除

配偶者の所得金額給与収入の場合所得税町県民税差額
380,001~399,999 103万円超105万円未満

380,000

330,000

50,000

400,000~449,999 105万円以上110万円未満

360,000

330,000

30,000

450,000~499,999 110万円以上115万円未満

310,000

310,000

0

500,000~549,999 115万円以上120万円未満

260,000

260,000

0

550,000~599,999 120万円以上125万円未満

210,000

210,000

0

600,000~649,999 125万円以上130万円未満

160,000

160,000

0

650,000~699,999 130万円以上135万円未満

110,000

110,000

0

700,000~749,999 135万円以上140万円未満

60,000

60,000

0

750,000~759,999 140万円以上141万円未満

30,000

30,000

0

760,000~ 141万円以上

0

0

0

  • 配偶者の合計所得38万円までの場合は配偶者控除の対象となる。
  • 納税義務者の前年の合計所得金額が1千万円を超える場合は適用されない。

扶養控除

適用条件所得税町県民税差額
一般の控除対象扶養親族(16歳以上で特定、老人に該当しない人)

380,000

330,000

50,000

特定扶養親族(19歳以上23歳未満)

630,000

450,000

180,000

老人扶養親族(70歳以上)

480,000

380,000

100,000

老人扶養親族のうち、直系尊属(父母、祖父母)でかつ同居の場合

580,000

450,000

130,000

基礎控除

適用条件所得税町県民税差額
全ての方に一律

380,000

330,000

50,000

お問い合わせ

税務課
住民税係 ④番窓口 内線:251・252
電話:0584-22-1151
ファクシミリ:0584-22-5180